Voran's Blog




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
「被災地にミシンを贈ろうプロジェクト」手芸材料セットを送りました。 :: 2012/08/30(Thu)

この8月で実質弊社スタジオボアンの営業はクローズ致します。今後はボランティアにて「ミニメーカー」起業する若者のお手伝いを致します。お客様から惜しまれて、沢山お電話頂いています。一部は個人に福岡「ビーグラム」様が引き継いでくれました。起業して30年経ましたが、20年以上続いている定番商品も持っています。これらを少しづつ東北で活動している「被災地にミシンを贈ろうプロジェクト」で指導していきたいと思っています。

/users/amanda/Pictures/iPhoto Library/Masters/2012/06/28/20120628-215543/P1040328.JPG
スポンサーサイト
  1. ボランティア
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
平成23年度もの づくり白書説明会に参加しました。 :: 2012/07/15(Sun)

◎平成23年度ものづくり白書の骨子
 第一章:内外経済が変化する中での我が国ものづくり産業の動向
 第二章:我が国物づくり産業が直面する課題と展望       以上経済産業省
 第三章:ものづくり中核人材の育成を中心とした製造基盤の強化   厚生労働省
 第四章:ものづくりの基盤を支える教育、研究開発         文部科学省
◎我が国製造業の現状と今後の方向性  〜平成23年度ものづくり白書を踏まえて〜
 <総論>
 経営環境の悪化 新興国との激しい競争にて各社とも総じて厳しい状況である。
 高い技術等の付加価値を背景に比較的好調な決算を維持した企業も若干ある。
 これまでの日本企業は高い技術力と摺り合わせに強みを持って高品質な製品を先進国向けに輸出していたが、
 世界市場の構造変化に伴い、欧米型(コア技術に特化し、サービスも活用)にもアジア型(大規模投資、大量生 産)にも構造転換出来なかった。
 新興国のGDPシェアーの増加予測
  2008年:23%
  2030年: 62%
アジアとの競合の激化
  「最終財」日本→欧米減少  中国→欧米4倍
  製造業の国内の雇用は、今後さらに減少する方向
◎アジアに負けない経営環境を創らなければならない
 ・アジアとのイコールフィッテングを実現する
  アジアに比べて高い法人税・賃金(賃金:月額)日本25万:韓国10万:中国2万:ベトナム8千円
  立地競争力の強化(例:立地補助金)
 ・内需の活性化
 「例」A社(素材:韓国)工場用地の50年無償貸与 
    B社(素材:ベトナム)用地造成•港湾整備をベトナムが実施•法人税は4年間免税その後9年間は
             80%減税•固定資産も無税                  ETC.......
今後は①「現場力」をグローバルに展開し、技術開発•工程開発•品質管理等でイニシアティブを発揮する一方で
   ②付加価値を日本が維持するため、ビジネスモデルの強化を図る事が重要。
◎日本は国際分業における「マザー機能」を担い、「マザー機能」の国際競争力に注力。
 国内に生産•開発現場を残す合理性を産み「根こそぎ空洞化を」阻止しなければならない。

感想:現場感の人間として本日の白書は、肌感が間違いないと立証するものでした。
常々大変だと思っていますが、まだ、何とかなるだろうという危機感が無い人が多いと思います。
自給自足をする位に自立する。どうかして食べる強さを持つ。自分だけ良いは通じない。
みんなで這い上がらなければ。











  1. 日本が好き
  2. | trackback:0
  3. | comment:1
「被災地にミシンを贈ろうプロジェクト」福岡では南相馬でワークショップしました。 :: 2012/07/01(Sun)

6月23日南相馬で「BAG創り」のワークショップしました。
13名の参加で9時から12時半  3時間半 全員作り上げて下さいました。
一人もトイレに立つ事も無く集中して頑張られました。非常に楽しかった様です。
震災後始めて針を持ったとおっしゃる方もいらっしゃいました。
リーダーも産まれました。
ご当地出身で静岡在住の五條さんのご紹介でポータブルミシンも送らせて頂きました。
当日も翌日も五條さんご同伴頂き、別の大きな仮設住宅にもお邪魔しました。
五條さんは震災後4月からずーと支援し続けていらっしゃるそうです。

海辺の住宅は流されてしまって、ブロックのみ残っていましたが、
空は広く海は青くあの出来事が嘘の様に思えました。
遠景に火力発電所がみえました。

石地蔵さまが流された後に五條さんのお嬢さん手描きによるお地蔵様がたっていました。


テーマ:最近の出来事。。 - ジャンル:ライフ

  1. ボランティア
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
そーシャルビジネスが生み出す「村の起業家」チャンタという女性 :: 2012/06/10(Sun)

加藤徹生著「辺境から世界を変える」サブタイトル 「ソーシャルビジネスが生み出す村の起業家」を読みました。
このカバーにチャンタという女性の事が記載されています。自分の事をかぶせて大変共鳴致しました。

カンボジアの首都プノンペンから約12時間途上国の中でも辺境と言える地で起業した「チャンタヌグワン」という女性:大学に行く事も無く、ビジネスのトレーニングを受けた事もなく、持っていたのは「あきらめの悪さ」彼女に今迄の自分を重ねてしまいました。苦笑しました。
あきらめれば楽になるのに!と何度思った事か!

この著者は3ヶ月彼女に寄り添った事で彼女を理解しました。
チャンタの挑戦はちっぽけなものに見えるかもしれない。
しかし、途上国に何かあるとすればこの人材の野性的強さ以外はないのではないか。
この一人が無数にいるとすれば。
この途上国を街が壊れてしまった被災地に置き換える事で来ませんか。
私はこの人材を求めて被災地を何度も尋ねています。

復興費の一部をこの人材に投入する事が出来れば。かすかな一点として動いて行けると。
  1. 雑感
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
ソーシャルビジネスが生み出す「村の起業家」チャンタという女性 :: 2012/06/10(Sun)

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。